長崎産の天然生本マグロの水揚げ処理が遅れた結果が○○○円の損になるからマグロは難しい

今日もマグロの雑学についてお勉強していきましょう。

今回も普段知る機会のない、魚、水産、マグロの話をシェアします。

今日はマグロの定置網の処理についての話です。

いきなりグロテスクな写真でゴメンなさいですが
こちらは長崎の本マグロの写真になります。

長崎産本マグロ.jpg


いきなりなんだころ真っ黒い傷はって感じですよね。

これは定置網から水揚げする時の処理が遅れて腹が焼けてしまった
つまりは腐ってしまったような感じになります。

長崎産本マグロ.jpg


長崎マグロ.jpg


上記の写真のように、皮目のところの白い部分が削ったようになっているのは
鮮度劣化が進み、色変わりあったようなところをカットしているため
身が剥き出しのような感じになっています。

本来、取り上げの処理がよかったり、鮮度が良いまぐろはそんな風にはならないです。

ちなみにキレイな処理された本マグロの腹の写真
本マグロ 山口 .jpg

白い皮がキレイに残る、何も色がついてないのがベストなんです。

水中から上がる前のマグロって、暴れて体温が上昇していて
内蔵もそれにともない、温度が上がっていて
その内臓を早く取らないと、腹の肉のところに影響を与えてしまう訳です。

この傷があるだけで、かなりのマイナスが出てきてしまいます。

なので漁師さんには処理技術の向上などをお願いしたいなと思う次第です。

取る方から販売する方まで技術の向上が美味しいマグロを流通させるきもになります。

またあしたも水産の学びに繋がる記事を書いていきたいと思います。

この記事へのコメント