"魚解体日記"の記事一覧

血抜きは大事である

今日は血抜きの大事さについて 写真は34.7キロのクエこちらは宮崎のクエでノジメのクエでした ノジメってのは活〆でしめてないこと自然に死んだり、氷水でしめたりすること そしてこちらは34.7キロとかなり大きいクエで、解体したのですが、体の中から血が出てくる。 これが活〆して、血抜きもされてると血が抜けていいのです。 血が抜…

続きを読むread more

2020年初、鱧をさばいてみました

令和初のハモ加工をしてみました。 今日のは鹿児島志布志のハモです。 ハモは夏がメインの魚で、この時期はまだ値段も安いです。 ハモは普通の魚と違い加工するのがちょい難しいです。 まず目打ちをしないといけないです。 ハモのヌルヌルで目打ちなしでは卸すのは難しいです。 目打ちは …

続きを読むread more

冬に向けてクエのスキ引き

東京も寒くなってきました。 まだなかなか鍋って感じもしないですがクエが売れ始めてきました。 そこでクエの半身加工ん久々にしました。 すきびきしてから半身におろして頭ものこぎりで半分にしてこれが面倒。 結構な力仕事なんですクエ加工 気抜くと、すきびきミスって皮めくれたりしますし。 おろしてみると、やはり魚の良しあしが分かりいいで…

続きを読むread more